SIRO-4465 真面目そうなカフェ店員の痴態。抱き心地の良さそうないやらしいからだに、久しぶりの肉棒を突き刺し続ければ.. ネットでAV応募→AV体験撮影 1486

本日初撮影の被写体は、カフェ店員をされている「かれんちゃん22歳」。接客業をされているからか年齢よりも大人びた印象を受ける彼女は、落ち着いた様子で淡々とインタビューに答えてくれる。2年間彼氏がおらず、その間に男性経験もなしと真面目さが窺えるエピソードを語ってくれる彼女だが、性への目覚めは意外にも早かったようで、中学生の頃からオナニーをしていたと恥ずかしそうに話してくれる。今回の撮影に興奮しているむっつり気味の彼女のからだに男が早速迫っていく。卑猥な舌遣いが彼女の首筋を伝い、唇が触れ合えば厭らしく舌を絡めあう音が室内に響き始める。ロングワンピースをはだけていくと抱き心地の良さそうな、ほど良いむっちり白肌が露わに。パンツの上から中心部を指で擦ると大人っぽい喘ぎ声が聴こえだし、パンツをずらして陰核を舌で転がせば、その声を段々と大きくさせていく。同時に膣中への刺激も加わればインタビューからは想像できない声色で絶頂を迎えてしまう。攻守交替、すでに興奮状態の肉棒をゆっくりと咥え込み、ちゅぱちゅぱと先端を重点的に舐めていく、かれんちゃん。よほど2年ぶりの肉棒が美味しいのか、にこにこと笑みを浮かべながら、ねっとりした奉仕を続けていく。そして、2年ぶりの肉棒を楽しみに待つむっちりカフェ店員のパイパンま○こに久しぶりのモノを挿入していく。久しぶりに男根を膣中で感じ、恍惚の表情を浮かべる、かれんちゃん。あふれ出る淫汁を止められない彼女の肉壺は、肉棒が突き刺さるたびにじゅぼじゅぼと水音を奏で、悦びを表現する。後ろから肉厚柔尻に男根を打ちつけていくと、オナニーでは味わえない快感に爆乳を振り乱し感じまくる、かれんちゃん。様々な体勢で久しぶりの肉棒を堪能し続け、最後はすっかり蕩けてしまったお顔に大量の白濁液がかかり..

Leave a Reply

Your email address will not be published.